Information Design

情報設計・デザイン

成果の出ないWebサイトは、デザインを変えても、コンテンツを増やしても変わりません。もっと根本的な構造に難があるからです。ユーザーの行動い即して企業からのメッセージが伝わるサイト設計が不可欠です。

Webサイトが備えるべき3つの条件

Webサイトが備えるべき3つの条件

成果の出ないWebサイトは、デザインを変えても、コンテンツを増やしても変わりません。もっと根本的な構造に難があるからです。ユーザーの行動に則して企業からのメッセージが伝わるサイト設計が不可欠なのです。

1.ユーザーに選ばれるサイト

ユーザーにとってのWebサイトの入り口とは、Webサイトのトップページではありません。情報を探しているユーザーは、まず検索エンジン、またはSNSにアクセスします。ユーザーが貴社のWebサイトに出会うためには、探しているユーザーの目に自然に触れるように、検索エンジンにインデックスさせ、SNSのTLに配信しなければなりません。Webサイトに訪ずれるための入口設計が必要です。

2.欲しい情報に素早くたどり着けるサイト

Webサイトに訪れても、すぐに情報が見つからないとユーザーは直帰してしまいます。ランディングした最初のページで、目的の情報の在りかが明示され、より深い情報へ素早くアクセスできるようにしておかなければなりません。企業視点で情報を分類するのではなく、ユーザーの行動を起点としたシナリオを設計し、最適な順番で情報を表示す設計が必要です。

3.スムーズに次のアクションに移れるサイト

ユーザーを情報取得で逃がしてしまったら、ビジネス成果につながりません。タイミングよくリアルな接点へと誘導しなければなりません。ページには、ゴールとなるアクションポイントを設定し、ユーザーが思い立った時に必ず気づくように配置しておくことが重要になります。

この3つの条件を高いレベルで満たすのが、スマートフォンのユーザー行動に最適化した"マトリクス型Webサイト”です。

マトリクス型Webサイトの構築が成功のカギ

スマートフォンの利用が進むにつれて、ユーザーが1回の訪問で閲覧するページ数は激減しています。これはPCに比較してスマホの画面サイズ制限によって取得できる情報が限られることや、隙間時間を利用した短時間で効率的に情報取得をしたいというユーザーニーズの現れです。

スマートフォンユーザーには、これまでのようなトップページから階層を下っていく構造は非効率なため敬遠されます。そこで、ユーザーの目的である業界やビジネス課題などに応じて、コンテンツの情報分類を縦軸、ユーザーのニーズを横軸とするマトリックスとして、サイト内のコンテンツを配置することで、ユーザーが求める情報を最適化する新しいWebサイト構築の考え方です。

アーチャレスは、多数の企業Webサイト構築に携わってきた経験から導き出した手法によって、ビジネス成果の上がるWebサイトを設計します。

MATRIX1-1

サービスメリット

一貫したUIによる利便性向上

ユーザーの思考にあわせた複数の導線を配備することで、ユーザーのリテラシーを問わずサイト内で必要な情報にたどり着けるようになります。

SEOに強い構造による集客向上

コンテンツが増えても構造を維持しやすく、適切な内部リンクによってクローラがたどりやすくなります。

 

最適な顧客体験の提供とCVR向上

ユーザーのニーズにあわせた情報提供で順に理解を深めていただき、効果的なリンク配置によってコンバージョンにつながる行動を誘発します。

サービス概要

1.Webサイト要件定義

  • ぺルソナ・カスタマージャーニー作成
  • サービスコンセプト策定
  • サービスシナリオ作成

2.Webサイト構造設計

  • サイトマップ作成

3.Webプロトタイプ作成

  • ワイヤーフレーム作成
  • プロトタイプ作成

Blog

情報設計・デザインに関する記事をご紹介します。