Marketing Strategy

デジタルマーケティング戦略

デジタルマーケティング戦略とは、ビジネスの目的達成のために、デジタルメディアを使って「何を行うか」「何を行わないか」を決めることです。マーケティング施策実行のための明確な指針を策定します。

デジタルメディアで「何を行うか」「何を行わないか」

なぜデジタルマーケティング戦略が必要なのか

デジタルマーケティング戦略とは、企業が継続的に発展していくなどの目的達成のためにデジタルメディア上で行う活動の枠組み・方向性のことです。多くの場合、企業の自社Webサイトを中心として活動は行われるが、企業によって詳細は多様です。

事業戦略やマーケティング戦略などの上位戦略を踏まえ、デジタルコミュニケーション全体の中でWebサイトが担う役割を明確にし、どのように活用すべきかを定義します。Webサイトをビジネスの中に位置づけ、具体的な目標を設定しなければ、その費用対効果は算出できません。

すべての企業・組織・個人のリソースは限られており、そのリソース内でどのようにWebを活用すれば、もっとも効率的にマーケティング成果につながるのかを検討する必要があるからです。

デジタルマーケティング戦略の策定

デジタルマーケティング戦略を策定するには、まず「対象となる顧客・見込み客・ユーザーを知ること」、「競合を知ること」、「自社のリソースや強みを知ること」が大切です。オンライン上で企業のビジネスを取り巻く各種情報について調査を行い、競合に打ち勝つ戦略を策定します。

ペルソナやカスタマージャーニーマップ、コンテンツマトリックスを利用し、ユーザセグメントの設計や顧客体験のシナリオ策定、具体的なコンテンツ活用についての提言を行います。

私たちがWebサイト構築を行う上で、印象やなんとなくといった曖昧な理由で、デザインやコンテンツを提案することはありません。しっかりとリサーチを行い、経験に基づいたデジタルマーケティング戦略の策定を経て、結果が出るにはどのようなWebサイトであるべきかを定義した上でWebサイト構築を行うことが重要です。

サービスメリット

目標やターゲットが明確になる

目標やターゲットが明確であるほど、使うべき手法や優先順位が定めやすくなり、効率の良いマーケティング活動が行えます。

競合に対する強みが明確になる

会社やサービスの「強み」が明確であれば、顧客に伝えるメッセージをシンプルで、わかりやすい形で言語化できます。

 

社内関係者の意識を統一できる

デジタルマーケティングは各部門の横連携が必須です。戦略の共有で社内が同じ目線を持つことスムーズに取り組むことができます。

Blog

デジタルマーケティングに関する記事をご紹介します。