Recruitment Website

採用サイト制作

オンラインで人材採用が完結する時代に、採用サイトは企業と応募者の接点であり理解を深める大事な情報源です。応募者のニーズに対応したコンテンツ提供は、自社にマッチした意欲的な人材を獲得し採用にかかるコストを効率化します。

わたしたちは結果を出せる採用サイトを制作します。

応募者の意欲を高めてミスマッチを防ぐ

優秀な人材獲得には採用サイトの充実が不可欠

オンライン上に多くの会社情報があふれる時代、応募者はこれまでよりも多くの情報をオンラインで取得し、応募や入社の意思決定を行います。

情報が少ない時代は有名な企業、業界に名を知られている企業ということで、人材が集まったとしても、そうはいかないのです。逆に、名前の知られていない企業でも、オンラインで優れたコミュニケーションができれば、優秀な人材を獲得することも可能になるのです。

採用情報発信の要になるのは自社の採用サイトです。しかし、採用メディアにコストを投じても自社サイトはおざなりになっている企業も少なくありません。せっかく、求人サイトに広告を出して求職者が注目してくれたとしても、求人票と変わらない情報量だったり、求人サイトと矛盾した内容だったりした場合、求職者は応募をためらってしまうのです。

採用サイトで、応募者が入社後に自分の希望を叶えられると感じられ、不安を払拭することができれば、優秀な人材が、競合他社に流れてしまうことを阻止することにつながるのです。

採用サイトの充実は応募する人の質を上げる

採用サイトの目的は応募者数を増やすことではなく、応募者の質を上げることです。応募者の質とは、意欲が高いことは勿論ですが、自社の理念や働き方のスタイルのような社風にマッチした人材ということです。そのために、会社のことを詳しく説明し、興味や理解、そして入社後の期待を深めるのが採用サイトの役目です。

たとえ応募者が増えたとしても、自社にマッチする人材を集めることができなければ、書類選考から面接を経て人を採用するまでにコストがかかるばかりで効果的ではありません。応募者の質が上がれば、より意欲の高い人材を採用することができますし、自社のカルチャーにマッチしているなら早期の退職を防ぐことにもつながります。結果として採用にかかるトータルコストを最小限に抑えられます。

採用サイトは獲得したい人材像を明確にして、彼らに訴えかけるコンテンツをしっかりと作り込むべきです。

採用サイトのチェックポイント

求人票以上のコンテンツがありますか?

求人票と変わらない情報量だった場合、面接まで社風や社内の雰囲気が伝わりません。採用サイトの情報量が少ないと、求職者は不安を払拭できず、行動に移すことができないのです。

競合他社より魅力的に映っていますか?

求職者は複数の会社を比較して応募しています。採用サイトで企業の魅力をインパクトのある表現で伝えられないと、求職者は印象の強い他社に流れてしまいます。

求職者が知りたいことに応えていますか?

理念や成長の可能性を語ることも重要ですが、「働き方改革」が叫ばれる中、休暇や福利厚生なども大事な判断基準となります。求職者が求めている情報をきちんと開示することが重要です。

御社の採用サイトが、このチェックに該当するなら、見直したほうが良いかもしれません。

サイト制作の前に採用活動の指針をつくる

採用活動の指針となる「採用コンセプト」を明確化する

採用コンセプトは、採用活動を進める上での指針となるものです。どのような企業で、何を目指していて、どんな人を採用したいのか、といったことを明確にすることで、採用に関わる人たちの共通認識とします。指針を明確にすることで、求職者に自社のイメージをブレずに伝達することが可能になります。
採用コンセプトが明確な採用活動は、入社後のギャップを最小限にし、早期退職の防止にもつながります。

採用コンセプトが不明確だと、採用担当者や面接官それぞれの求職者に求める条件が変わってしまったり、伝えるメッセージが異なってしまったりすることで、求職者に伝わる会社のイメージがバラバラになってしまいます。これは自社が求める人材をとり逃す一因となってしまいます。

ターゲットの心に響く「採用メッセージ」に落とす

採用コンセプトを元に、御社が置かれている状況・ターゲット層の特長を踏まえ、採用メッセージを作成します。採用コンセプトが社内関係者向けの言葉だとしたら、採用メッセージは、求職者に目を向けてもらうための言葉です。

自社が求める人材は、競合他社も似たようなものになります。同じターゲットに対しての自社を強くアピールするためには、差別化を考えなければいけません。淡々と事業や社風を紹介していくのではなく、自社が他とは違う魅力を持っていることを採用メッセージによって明確に伝えていかなくてはなりません。

採用メッセージを核にして、会社が言いたいこと/求職者が知りたいことをバランスよく配置し、「未来への希望」が「未来への不安」よりも大きくなるように、採用活動全体でストーリーを組み上げていきます。

ご提供サービス

採用サイト制作サービス

採用環境や採用課題、求める人材像によって、企業が打ち出すべき強みや魅力は異なってきます。

どの企業にも共通することは、企業が伝えたいメッセージを一方的に発信するのではなく、応募者が求める情報を踏まえた上で、応募者自身が自分に合った企業かを判断できるようにすることです。

サービス紹介・事業紹介、社員紹介コンテンツ、福利厚生やオフィス紹介コンテンツなどを通して、入社後に生き生きと働けるイメージを持ってもらえるような採用サイト制作をおこないます。

採用コンセプト

採用ピッチ資料作成サービス

採用サイト制作と同時に「採用ピッチ資料」を作成する企業が増えています。採用ピッチ資料とは、応募者に対して自社を詳しく紹介し、応募意欲を高めるための資料のことです。企業理念や事業内容を体系立てて説明し、面接官による説明のばらつきを減らしたり、福利厚生などの細かい条件を詳細に記載できるといった効果があります。

採用ピッチ資料は、自社の全体像を把握できるようになりますので、入社前の応募意欲を高めるだけでなく、入社後に会社を深く理解してもらうための資料としても有効です。最近は、自社の良い面だけでなく、足りない面も含めてありのままに伝えることが増えています。入社後のギャップを減らして早期退職を防止する効果もあります。

Services

採用サイト制作に関するサービスをご紹介します。

Contents Planning

コンテンツ設計・検索エンジン最適化(SEO)

まず集客したいユーザーが興味を持つコンテンツを準備する必要があります。しかし、コンテンツを準備しただけでは、人は集まりません。検索エンジンに適切に表示されるコンテンツ最適化が欠かせません。

Content Management System

Webサイト(CMS)構築

ビジネスにおけるWebサイトの重要度が増すにつれて、よりスピーディな情報発信が求められています。更新を外部の制作会社に依頼していたが、自社内で情報発信を行いたい。そのためにWebサイト全体にCMSを導入する企業が増えています。